SONY FE24-70mm F2.8 GMで撮るディズニーパーク&クルーズ




グリーティングでの実力は?

Sony α7II | FE24-70mm F2.8 GM | 1/60秒 | f/2.8 (RAW現像)

このレンズを入手した目的の一つがグリーティング用のレンズとしての役割。
実際にクルーズ内でのグリーティングでは、これ1本で24mmの全身ショットから70mmのバストアップまで1本で撮れてとても楽。

Sony α7II | FE24-70mm F2.8 GM | 1/2000秒 | f/2.8 (RAW現像)

24mmの場合、ある程度背景が抜けていればf/2.8でも綺麗にボケてくれて、70mmであれば本格的なポートレートの雰囲気にすることも。
開放からの解像とボケ味の良さを考えると、単焦点で絞るならこれでいいような気がします。

RAW現像でレンズの魅力がさらにアップ!

Sony α7II | FE24-70mm F2.8 GM | 1/6秒 | f/2.8 (RAW現像)

高いレンズ性能がゆえ、JPEG撮って出しでも充分なのですが、RAW現像するとこのレンズの魅力はさらに増します。
あえて-1EVで撮影したトゥーンタウンのミッキー像ですが、暗部までしっかり描写してくれているので、トーンカーブを調整することでその質感までクッキリと。

Sony α7II | FE24-70mm F2.8 GM | 1/60秒 | f/16 (RAW現像)

また、9枚の絞り羽根を活かして太陽の光条を強調したい場合にもアンダーで撮影しますが、RAW現像によってイメージ通りの1枚に仕上がりに。

重いけど、 この写りなら…

Sony α7II | FE24-70mm F2.8 GM | 1/60秒 | f/7.1 (Lightroom Camera Standard)

4ヶ月ほど使い込んできた「FE24-70mm F2.8GM」。コンパクトなシステムが売りのミラーレス一眼において、一眼レフ並みの886gのレンズは重く、なんのためのミラーレス一眼だっけ?と思います。
ただ、その解像とボケ、ヌケがよく上品な描画は、4ヶ月経ってもシャッターを切ってプレビューをみた瞬間にハッとしてニヤリとしてしまうこともあリます。
また、1日中動き回ることが多い海外パークの旅行においてはこれ1本持っていくだけでも充分なので、トータルでは荷物の削減効果もあります。

Sony α7II | FE24-70mm F2.8 GM | 1/160秒 | f/2.8 (RAW現像)

一方、お値段が25万前後とキヤノンやニコンの通しf/2.8の標準レンズに比べると割高なのは否めませんが、今後、Eマウントで行く!と決めていれば、持っていて損はない、長く使える素晴らしいレンズじゃないでしょうか。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です