「Voigtlander(フォクトレンダー)HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6」で撮る東京ディズニーリゾート




Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 作例

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 0.6秒 | f/5.6

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 0.6秒 | f/5.6

シンデレラ城裏から撮影した「ワンス・アポン・ア・タイム」。ソーサラーミッキーを入れてもこの画角で撮れます。

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 1/60秒 | f/5.6

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 1/60秒 | f/5.6

夕暮れのアメリカン・ウォーターフロント。右側の手前に台車を入れて奥行感を出すことで、超広角の単調さをカバー。

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 1/500秒 | f/8.0

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 1/500秒 | f/8.0

蒸気船マークトウェイン号とスプラッシュマウンテン。船とスプラッシュマウンテンの大きさを見てもらうと、10mmの画角が感じられると思います。

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 0.8秒 | f/5.6

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 0.8秒 | f/5.6

高いところから見下ろせる場面では縦構図にするとまた立体感が出ていい雰囲気になりますね。
 

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 1/60秒 | f/16

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 1/60秒 | f/16

メディテレーニアン・ハーバーをこれだけ広く撮れるのは、ハーバー撮影好きには堪えられない魅力です。

超広角好きにはオススメの1本!

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 0.5秒 | f/5.6

Sony α7II | Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 | 0.5秒 | f/5.6

普段、パーク内で16mmぐらいの広角レンズで風景撮影をしていると、もう少し広角が欲しいけど、フィッシュアイじゃないという場面によく遭遇していました。
しかし、実際にはフルサイズ対応で16mm以下のレンズの選択肢は少なくて諦めていたのですが、このレンズの登場によって、超広角の世界を身近に楽しめるようになったという意味では良い1本に出会えました。
レンズの重さも375gと軽量でカメラバックに忍ばせておくのにも最適で、今後も常用の1本として持ち歩きたい一本です。
開放からの画質も素晴らしいこのレンズ、唯一の問題は、このレンズのためにボディをα7RIIに乗り換えたくなってしまうというとこぐらいでしょうか(笑)

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です